ビジネスシーンをリードする情報配信

不動産登記に頼ることができる土地家屋調査士

不動産は、社会の活動の基盤となる重要な存在です。
そのため国は、不動産の権利関係について公にする制度を設けています。
土地の売買などで権利関係に変更があったならば、速やかに不動産の登記情報を改める必要があります。
不動産の存在を明確にする登記制度があることによって、安心して不動産を所有し活用することが可能になります。
その不動産登記に必要な、表題部の情報を実際に現地で測量調査する職務を担うのが、土地家屋調査士です。
土地家屋調査士が、不動産を正確に調査してその実態を明らかにすることによって、正しい登記がようやく果たせます。
そのため、土地家屋調査士は、依頼を受けて不動産の調査や測量、さらに、登記の申請手続きの代行などを行います。
不動産に関わる専門的な測量や申請の業務であるだけに、土地家屋調査士のような不動産に関わる法の専門技術者に仕事を任せておけば安心です。
土地家屋調査士は、独立して調査士としての業務を行う他にも、土地家屋調査士が集まって結成される土地家屋調査士法人も存在します。
土地家屋調査士が土地や建物について測量調査した内容は、不動産価値や権利関係において強い影響を与えるため、その仕事は確実なものでなければなりません。
また、土地家屋調査士は、道路や河川の境界を明示したり、境界杭の設置など、未然に不動産トラブルを防ぐための重要な仕事を担っています。
地域によっては、土地不動産について明確な土地境界が定められていないということもよくあることです。
思わぬ境界紛争が元となって隣人との人間関係を損ない、日常生活が台無しにならないよう、土地家屋調査士の明確な測量技術が役立ちます。
不動産に関わる法律家としての一人として、土地家屋調査士は頼ることができる職業です。
登記や境界確定のための測量調査に信頼がおける土地家屋調査士を選定すれば、その専門家としての確実な仕事によって、安心して土地や建物を所有し後世に伝えていくことが出来ます。